午時花(読み)ゴジカ

  • ごじか ‥クヮ
  • 午時花 (ゴジカ)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 アオギリ科の一年草。インド原産で、古く渡来し、金銭花(きんせんか)と称されたが、現在では観賞用としてまれに栽培される。茎は高さ〇・六~一メートルぐらいになる。茎や葉には短毛が生える。葉は披針形で互生し、長さ一〇センチメートルほどで縁には鋸歯(きょし)がある。夏から秋にかけ、葉腋(ようえき)に一~二個、径三センチメートルぐらいの赤色の五弁花を下向きに開く。花が昼間だけ開き、夜は閉じたり、散ったりするところからこの名がある。漢名、午時花、金銭花、夜落金銭。《季・夏》
※俳諧・毛吹草(1638)二「九月〈略〉午時花(ゴジク)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android