コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半不輸 はんふゆ

世界大百科事典 第2版の解説

はんふゆ【半不輸】

平安・鎌倉期において,所当公事の一方ないしなかばを寺社等に免給し,残りを国衙が収める土地制度上のシステムまたはその土地を指す。1233年(天福1)の六波羅注進17ヵ条の1項に〈所当を国司領家に弁済し公事を寺家社家に勤仕せしむる所々これあり。また所当を国司に弁済し公事を権門御辺に勤仕せしむる地等これあり〉と,2型態の存在が指摘されている。後者の例としてはいわゆる雑役免田がこれにあたる。大和国に広範に存在する東大寺の雑役免田や興福寺の進官免田など多くこのたぐいである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

半不輸の関連キーワード輪田荘織田荘島津荘大隅国伊作荘神蔵荘長淵荘入来院寄郡半輸負人

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android