コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄郡 よせごおり

2件 の用語解説(寄郡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

よせごおり【寄郡】

中世,薩摩,大隅,日向にまたがって存在した島津荘にみられる所領単位。一般に〈よせごおり〉とよまれることが多いが,一個の所領に属しながら他領にも身分的に属して所役をつとめる者を寄人(よりうど)というから,公領(郡)でありながら荘園にも寄属しているとの意で寄郡(よりごおり)と呼ばれたと考えられる。平安時代末以降上記の国々では,公領の構成単位である郡,郷,院などを対象として,その租税である官物,雑役のうち,雑役だけを島津荘に編入させる動きが活発となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寄郡
よせごおり

中世南九州の荘園の所領区分の名称。荘園であって公領(こうりょう)(国衙領(こくがりょう))にも属した特殊な半不輸租(はんふゆそ)の地。荘園の所領が不輸地すなわち本年貢(所当官物(しょとうかんもつ))も雑税(雑公事(ぞうくじ))も領家(りょうけ)に納める地、公領が輸租地(所当官物も雑公事も国司に納める)で、両属の所領が半不輸地(所当は国司、雑公事は領家に納める)だったのに対し、特殊な半不輸地(所当官物を領家と国司に半分づつ納め、雑公事は領家に納める)ケースをいう。薩摩・大隅・日向に荘域がある摂関家領島津荘と日向の八条院領のみで確認されているので、南九州に特有の荘園所領とされている。島津荘は11世紀半ばに立荘され、12世紀前半、公領が郡毎に(郷・院・名(みょう)もあった)島津荘に、特殊な半不輸地として寄進された。郡単位が多かったので寄郡といわれた。寄郡は寄進主体である郡司(ぐんじ)らと領家国司の思惑絡みで、12世紀末までに急増し、島津荘の8千町歩の田地の内、日向・大隅両国では不輸地(一円荘(いちえんのしょう))の9割程度だったが、薩摩国では不輸地の3倍強になり、同荘全域では6割相当になった。14世中葉以降、同荘の崩壊とともに寄郡も役割を終えた。[三木 靖]
『工藤敬一著「鎮西島津庄の寄郡について」(『九州庄園の研究』1969・塙書房) ▽竹内理三著「薩摩の荘園―寄郡について」(『史淵75号』所収)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の寄郡の言及

【島津荘】より

…源平交替に際し一時本家近衛家の領有が危ぶまれたが白河法皇の庇護により変わらず,その後領家は興福寺一乗院主の手に移った。1197年(建久8)の《図田帳》によれば日向国では一円荘2020町,寄郡1817町,大隅国では一円荘750町,寄郡715町余,薩摩国では一円荘635町,寄郡2299町余となっており,3国の全田数の約5分の2が島津荘であった。一円荘とは不輸不入の完全荘園で,寄郡とは半不輸で荘園領主と国司に両属する形の雑役免荘の一種で一円荘に至る過渡的形態といえよう。…

【寄郡】より

…中世,薩摩,大隅,日向にまたがって存在した島津荘にみられる所領単位。一般に〈よせごおり〉とよまれることが多いが,一個の所領に属しながら他領にも身分的に属して所役をつとめる者を寄人(よりうど)というから,公領(郡)でありながら荘園にも寄属しているとの意で寄郡(よりごおり)と呼ばれたと考えられる。平安時代末以降上記の国々では,公領の構成単位である郡,郷,院などを対象として,その租税である官物,雑役のうち,雑役だけを島津荘に編入させる動きが活発となった。…

※「寄郡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寄郡の関連キーワード鹿児島藩島弧妙寿陰になり日向になり空米仮諦薩摩人形日向に氷遊離跨界性魚類資源(こかい せいぎょるいしげん)(ストラドリング魚類資源)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寄郡の関連情報