コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半工半学 はんこうはんがくbàn gōng bàn xué

世界大百科事典 第2版の解説

はんこうはんがく【半工半学 bàn gōng bàn xué】

働きながら学ぶ中国の教育システム。半日労働・半日学習,隔日に労働・学習など形態は多様である。食糧などを生産したり,学費を稼いだりしながら教育も受けられる方法として解放区普及した。58年以降,前期中等教育の普及をはかる手段として評価され,農村半農半学の農業中学が,都市で半労半学の職業中学が急速に普及し,年末には2万校,生徒数200万人に達した。63年以降は,肉体労働精神労働の差を縮小するのに役立つものとしてさらに奨励され,65年には6万1600校,生徒数443万3400人に増大した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android