コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半月板損傷 はんげつばんそんしょうmeniscus injury

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

半月板損傷
はんげつばんそんしょう
meniscus injury

半月板は,膝関節部にある楔形の線維性軟骨で,内側半月板と外側半月板とに分れ,脛骨大腿骨の間の圧力を分散させ,膝関節のすべりをよくする働きをしている。膝を屈曲して下腿を回旋させるような動作をすると,この半月板が損傷し,激痛を覚えて膝を動かせなくなる。ほかに関節内血腫,圧痛などもある。診断の際に,イギリスの整形外科医 T.マックマレー (1887~1949) の提唱したテストがしばしば行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

家庭医学館の解説

はんげつばんそんしょう【半月板損傷 Injury of Semi-Lunar Disc】

[どんな病気か]
 外傷を負って半月板が損傷を受けた直後、膝関節内血腫(しつかんせつないけっしゅ)がみられたり、運動時に強い痛みをともなうものです。
 慢性期にも痛みはあります。
 切れた半月板が関節面にはさまる(嵌頓(かんとん))と、急に膝が動かせなくなったり、不安定になる嵌頓症状がおこります。膝(ひざ)から急に力が抜けてガクンとなる膝崩れや、屈伸時にカクカクと引っかかるのがそれです。
 関節の動きを調べるとともに、関節X線造影撮影、CT、MRIなどの検査を行ない、必要ならば関節鏡検査も行なって診断します。
[治療]
 保存的に治療する場合も少なくありませんが、嵌頓をくり返す場合、痛みが強い場合、大腿部(だいたいぶ)の筋肉が萎縮(いしゅく)する場合は、切除します。
 スポーツ選手などでは急性の症状に対して、関節鏡下で手術が行なわれることもあります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

知恵蔵miniの解説

半月板損傷

膝の円滑な運動を助け足からの衝撃をやわらげる軟骨組織「半月板」が損傷、断裂した状態。半月板は膝関節内の左右にあり、主にスポーツや交通事故などの外傷により引き起こされる。発症すると、痛み、腫れ、歩行障害、筋萎縮、突然膝が動かなくなる 「ロッキング)呼ばれると症状などが起こる。先天性形態異常による半月板損傷も稀にあり、この場合、徐々に異常が発現する。治療は自然治癒を促す保存的治療と、重度の際に行う手術がある。

(2013-4-18)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

半月板損傷の関連キーワード十字靱帯損傷/側副靱帯損傷マーク ライアル子どもの膝内障奥原希望本田圭佑膝内障

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半月板損傷の関連情報