コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卍庵士顔 まんあん しがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

卍庵士顔 まんあん-しがん

1283-1356 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)6年生まれ。臨済(りんざい)宗。南山士雲の法をつぐ。鎌倉円覚寺,筑前(ちくぜん)(福岡県)承天寺などに歴住し,京都東福寺の住持となる。延文元=正平(しょうへい)11年7月7日死去。74歳。京都出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

卍庵士顔の関連キーワード安嘉門院中原師連尊円入道親王ブルク公園延文正平阿仏尼安嘉門院覚信尼カラチ

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone