責める(読み)セメル

デジタル大辞泉の解説

せ・める【責める】

[動マ下一][文]せ・む[マ下二]《「攻める」と同語源》
過失・怠慢・違約などを取り上げて非難する。とがめる。なじる。「失敗を―・める」「無責任な行為を―・める」
厳しく催促する。せきたてる。また、しつこく求める。せがむ。「早く返答しろと―・める」「子供に―・められて買い与える」

㋐苦しめる。悩ませる。「みずからを―・める」
㋑苦痛を与えていじめ苦しめる。いためつける。「むちで―・めて白状を強いる」
目的を果たすために、積極的な働きかけをする。「泣き落とし戦術で―・める」
一心に努力する。真剣に追い求める。「侘びの精神を―・める」
「―・むる者は、その地に足を据ゑがたく」〈三冊子・赤双紙〉
馬を乗りならす。調教をする。「早朝から馬場で―・める」
「生食(いけずき)・摺墨(するすみ)という名馬を―・めさせられしに」〈続狂言記・膏薬煉〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せめる【責める】

( 動下一 ) [文] マ下二 せ・む
〔「迫む」と同源〕
言葉で追いつめる。
落ち度がある、お前の責任だといって相手をとがめる。非難する。 「怠慢を-・める」 「ひとの非を-・める」
しきりに言い立てて自分の思いどおりにさせる。するように求める。せがむ。 「おもちゃを買ってくれと子供に-・められる」 「兼房急ぎ連れて参れと-・め給へば/義経記 8
苦しめる。悩ます。 「気が-・めてならなんだから/高野聖 鏡花」 「秋はしぐれに袖を貸し、冬は霜にぞ-・めらるる/古今 雑体」 「飢渇の苦しみに-・められて/沙石 2
目的を達するために、積極的にはたらきかける。 「泣き落としの手で-・めてくる」
拷問する。 「 - ・めて白状させる」
ある動作を一心に行う。 「 - ・めず心をこらさざる者、誠の変化を知るという事なし/三冊子」
馬を乗り慣らす。 「ウマヲ-・ムル/日葡」 〔動詞「せめる」と「なじる」は誰から見ても良くないことが生じた場合に用いる語であるが、「とがめる」は感情的になってどぎつい言葉で非難するような場合に用いる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

責めるの関連情報