コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南山士雲 なんざん しうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南山士雲 なんざん-しうん

1254-1335 鎌倉時代の僧。
建長6年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都東福寺円爾(えんに)の法をつぐ。徳治(とくじ)2年北条貞時の招きで鎌倉にうつり東勝寺,東福寺,建長寺などの住持をつとめ,崇寿寺をひらいた。のち筑前(ちくぜん)(福岡県)承天(じょうてん)寺の住持となる。建武(けんむ)2年10月7日死去。82歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。著作に「南山和尚語録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

南山士雲

没年:建武2.10.7(1335.10.24)
生年:建長6(1254)
鎌倉時代の臨済宗聖一派の僧。聖一派の2大門派のひとつである荘厳門派を興し,純粋禅を挙揚した。遠江(静岡県)の人。円爾について出家,大休正念,無学祖元に歴参してのち東福寺に戻り,円爾から無準師範より伝わる法衣を授けられた。永仁5(1297)年,博多の承天寺の住持となり,延慶3(1310)年には東福寺の第11世となった。鎌倉崇寿寺を開き,建長寺,円覚寺などの五山にも住した。密教の伝法灌頂堂であった東福寺荘厳蔵院を自分の塔所(墓所)に改め退居,このころより,東福寺で密教が修せられなくなったという。<著作>『南山和尚語録』<参考文献>竹庵大縁『南山和尚行実』

(石井清純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

南山士雲の関連キーワード友山士偲青山慈永河野通盛鑑翁士昭固山一鞏古源邵元長崎高重鉄山士安卍庵士顔円爾弁円乾峰士曇東伝士啓済翁士雲

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android