コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南極交響曲

2件 の用語解説(南極交響曲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

南極交響曲

イギリスの作曲家レイフ・ヴォーン・ウィリアムズの交響曲第7番(1949-52)。原題《Antarctic Symphony》。ロバートスコット南極探検を描いた映画『南極のスコット』のための音楽を再構成した作品。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なんきょくこうきょうきょく〔ナンキヨクカウキヤウキヨク〕【南極交響曲】

《原題、〈イタリアantartica》R=V=ウィリアムズの交響曲第7番。1949年から1952年にかけて作曲。全5楽章。スコットの南極探検を描いた映画「南極のスコット」のための音楽を改編した作品。各楽章にシェリーコールリッジの文学作品からの引用句が添えられている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南極交響曲の関連キーワード揚げひばりイギリス組曲海の交響曲エヴォーラグリーンスリーヴスによる幻想曲ザロモン交響曲ショパン:3つのノクターン Op.9/piano soloウィリアムソン:ピアノ・ソナタ第2番/piano soloヴォーン・ウィリアムズボーン・ウィリアムズ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone