コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南極気団 なんきょくきだんAntarctic air mass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南極気団
なんきょくきだん
Antarctic air mass

南極大陸の,雪氷に覆われた地域に発現する大陸性気団北極気団に比較して気温は低い。非常に低温で大気の顕著な逆転層が存在し,風は一般に弱い。南極気団と海洋上の寒帯気団との間に南極前線がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

なんきょくきだん【南極気団】

南極大陸上にできる、乾燥した寒冷な極気団。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南極気団
なんきょくきだん

南極大陸上で発現する低温・低湿な気団。下層は年間を通して北極気団より低温である。海洋性寒帯気団との間にできる南極前線が北極前線より強いのは、両者の気温傾度が北極より強いためである。[饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

南極気団の関連キーワード南極大陸

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android