コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南極気団 なんきょくきだん Antarctic air mass

3件 の用語解説(南極気団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南極気団
なんきょくきだん
Antarctic air mass

南極大陸の,雪氷に覆われた地域に発現する大陸性気団北極気団に比較して気温は低い。非常に低温で大気の顕著な逆転層が存在し,風は一般に弱い。南極気団と海洋上の寒帯気団との間に南極前線がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なんきょくきだん【南極気団】

南極大陸上にできる、乾燥した寒冷な極気団。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南極気団
なんきょくきだん

南極大陸上で発現する低温・低湿な気団。下層は年間を通して北極気団より低温である。海洋性寒帯気団との間にできる南極前線が北極前線より強いのは、両者の気温傾度が北極より強いためである。[饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南極気団の関連キーワード大陸氷河南極大陸ブーベ島南極亜区クーバービル島ジョージ六世海峡ポーレット島ウエッデル海西南極大陸東南極大陸

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone