北極気団(読み)ほっきょくきだん

日本大百科全書(ニッポニカ)「北極気団」の解説

北極気団
ほっきょくきだん

氷に覆われた北極海に発現するきわめて寒冷な気団。大陸性の場合、主として乾燥しているが、海洋性の場合は多湿である。接地層内では地表面近くの気層がより冷やされるため、地表面付近ほど温度が低いという接地逆転を伴うが、この現象は大陸性においてとくに著しい。英語ではarctic air massで、polar air massは寒帯気団を意味する。

[饒村 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「北極気団」の解説

北極気団
ほっきょくきだん
arctic air mass

北極圏において,おもに北極海海氷の上に発現する寒冷な気団。乾燥しており大陸性気団性質をもつ。北半球の寒気流の供給源となる。この気団と寒帯気団との北極前線が形成される。北極気団から寄りの極風が吹き出し,これを寒帯偏東という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「北極気団」の解説

北極気団【ほっきょくきだん】

北極圏の雪氷でおおわれた地域で形成される寒冷な気団。対流圏全体としては寒帯気団より寒冷だが,冬季は大陸内部のほうが北極海の氷面より冷えるので,地上気温は大陸性寒帯気団のほうが低いことがある。
→関連項目北極前線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「北極気団」の解説

ほっきょく‐きだん ホクキョク‥【北極気団】

北極地方に起原をもつ低温で乾燥した気団。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の北極気団の言及

【気団】より

… 気団分類の方法はいくつかあるが,ベルジェロンの分類が最も一般的である。それは気団が作られる地域の熱的特性に従って,北極気団(A),寒帯気団(P),熱帯気団(T)に分けている。赤道気団や上空の気団を加える人もいるが,その範囲や意味に異同がある。…

※「北極気団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android