コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南滋賀遺跡 みなみしがいせき

世界大百科事典 第2版の解説

みなみしがいせき【南滋賀遺跡】

滋賀県大津市南滋賀町にあり,1958年に志賀小学校の運動場拡張のための発掘調査で明らかになった弥生時代の墓地。遺跡は,比叡山塊より琵琶湖に向かってのびる台地上に立地し,標高は110m前後で,湖水面より15mの高さにある。発掘された遺構は,弥生時代前期末から中期にわたるもので,一辺約10mの方形にめぐらされた溝状遺構(幅2m,深さ1~2m),土壙墓20基以上,壺棺墓2基がある。方形の溝状遺構は,溝中に3~5m間隔で完形の壺が置かれており,のちに方形周溝墓という名で呼ばれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南滋賀遺跡の関連キーワード新藤兼人今村昌平岸信介内閣マキノ雅広加藤泰コーマン斎藤寅次郎鈴木清順野村芳太郎増村保造

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android