滋賀里遺跡(読み)しがさといせき

世界大百科事典 第2版の解説

しがさといせき【滋賀里遺跡】

滋賀県大津市見世1丁目,2丁目にある近畿地方最大級の縄文時代晩期の遺跡。琵琶湖の西岸,比叡山南東麓に形成された複合扇状地の末端に立地し,標高95m,琵琶湖水面との比高は10mをはかる。1948年の京都大学による発掘調査では,篦描(へらがき)や半截竹管による弧状文をもつ黒褐色の浅鉢と,文様をほとんどもたない深鉢とを基本的な組合せとする滋賀里式土器を注出した。これには東北地方晩期の大洞B・BC式(大洞貝塚)や北陸地方晩期初頭の土器が伴い,また,浅鉢には九州地方の黒色磨研浅鉢の影響が認められるなど,近畿地方晩期前葉の基準資料となるものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の滋賀里遺跡の言及

【南滋賀遺跡】より

…土壙墓は,長径約3mの楕円形の平面をしており,中に1~3個の壺が副葬されている。これらの墓を営んだ人々の集落は,本遺跡の東北約500mにある滋賀里遺跡付近と考えられる。遺物には遺構を埋めた際にまぎれ込んだ磨製石斧類若干がある。…

※「滋賀里遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android