コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南英謙宗 なんえい けんしゅう

1件 の用語解説(南英謙宗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南英謙宗 なんえい-けんしゅう

1387-1460 室町時代の僧。
嘉慶(かきょう)元=元中4年生まれ。曹洞宗(そうとうしゅう)。京都相国寺大岳周崇(だいがく-しゅうすう)について出家する。のち梅山聞本(もんぽん),石屋真梁(しんりょう)に師事し,越後(えちご)(新潟県)耕雲寺傑堂能勝にまなんでその法をつぐ。文安3年越後種月(しゅげつ)寺をひらいた。長禄(ちょうろく)4年5月19日死去。74歳。薩摩(さつま)(一説に京都)出身。別号に三謙道人。著作に「五位秘訣」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

南英謙宗の関連キーワードマルグレーテ[1世]飯篠長威嘉慶元中寛正薬害エイズアンジェリコ嘉慶至徳フィンシュテック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone