南部伯民(読み)なんぶ はくみん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部伯民 なんぶ-はくみん

1770-1823 江戸時代後期の医師。
明和7年生まれ。京都の小石元俊にまなび,蘭学も研究する。郷里の周防(すおう)(山口県)にかえり開業,清末藩主毛利匡邦(まさくに)の侍医となる。文政4年江戸にいき,もと幕府老中で陸奥(むつ)白河藩(福島県)藩主松平定信の侍医となった。文政6年10月22日死去。54歳。名は彜(つね)。号は竜門,積善堂。諡(おくりな)は文匡先生。著作に「技癢録」「倉療須知」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android