コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部伯民 なんぶ はくみん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部伯民 なんぶ-はくみん

1770-1823 江戸時代後期の医師。
明和7年生まれ。京都の小石元俊にまなび,蘭学も研究する。郷里の周防(すおう)(山口県)にかえり開業,清末藩主毛利匡邦(まさくに)の侍医となる。文政4年江戸にいき,もと幕府老中で陸奥(むつ)白河藩(福島県)藩主松平定信の侍医となった。文政6年10月22日死去。54歳。名は彜(つね)。号は竜門,積善堂。諡(おくりな)は文匡先生。著作に「技癢録」「倉療須知」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

南部伯民の関連キーワードツンベルクゲーテミツケーウィチウェーラーチェルシー磁器ノースクルーゼンシュテルンクルーゼンシュテルン後桜町天皇ベートーベン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android