コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小石元俊 こいしげんしゅん

6件 の用語解説(小石元俊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小石元俊
こいしげんしゅん

[生]寛保3(1743).若狭
[没]文化5(1808).京都
江戸時代中期の蘭方医。名は道,字は有素,号を大愚または碧霞という。もと林野氏。淡輪元潜 (たんのわげんせん) ,永富独嘯庵に医学を学び,京都,大坂で開業。 40歳頃に江戸で蘭学を学び,京都に戻って蘭学を普及させるとともに人体解剖を盛んに行い,平次郎臓図など,解剖絵巻を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小石元俊【こいしげんしゅん】

医家。山城桂村生れ。永富独嘯庵古医方を学ぶ。1769年大坂で開業,1783年橘南谿らと刑死体を解剖し《平次郎臓図》を作る。1786年江戸へ出て杉田玄白大槻玄沢に師事,帰国後京坂を往来して《解体新書》を講義。
→関連項目橋本宗吉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小石元俊 こいし-げんしゅん

1743-1809* 江戸時代中期-後期の医師。
寛保(かんぽう)3年9月16日生まれ。淡輪(たんなわ)元潜らにまなぶ。天明3年(1783)橘南谿(たちばな-なんけい)らと人体解剖をおこない,「解体図平次郎解剖」を作成。江戸の杉田玄白らと親交をもち,京都に私塾の究理堂を設立し蘭方医をそだてた。文化5年12月25日死去。66歳。京都出身。名は道。字(あざな)は有素。号は大愚,碧霞(へきか)。著作に「元衍(げんえん)」「究理堂医訣(いけつ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小石元俊

没年:文化5.12.25(1809.2.9)
生年:寛保3.9.16(1743.11.1)
江戸後期の医者,解剖家。関西への蘭学導入者。名は道,元俊は通称。字は有素,号は大愚。父は若狭小浜藩主酒井家の家臣林野市之進(のち小石姓)。父浪人中に京都の桂村で生まれる。家計補助のため10歳のとき,大坂にいた九州柳河藩医淡輪元潜に,のち元潜の友人で長門の人永富独嘯庵 に医を学び頭角をあらわす。京都に移住し,皆川淇園に漢学を学び,河内の高僧慈雲に参禅した。西国を漫遊して医技を磨き,『西游再功』(未刊)を著す。明和6(1769)年大坂に開業,また京都に移住して天明3(1783)年橘南谿らと伏見で解剖を行う(『平次郎臓図』あり)。以後京坂の間に居住し,寛政8(1796)年から京都釜座通竹屋町に住み,医学塾究理堂を開く。同10年三雲環善らの解剖を主宰(『施薬院解男体臓図』あり),当時の医史に「元俊は解体者なり」とあり,自ら医家の名門山脇家の解屍に自分の関係せぬものはないという。杉田玄白の京遊の際訪問,天明6年東遊して旧交を温め,大槻玄沢宅に寓居。関西に蘭医学の優秀さを喧伝,山片蟠桃と協同で傘屋の橋本宗吉を玄沢門に入れ,のち蘭書を翻訳させた。のち2回丹後の田辺藩(舞鶴市)の藩主を江戸で診療,嗣子元瑞を伴う。畢生の著書『元衍』は火事で焼け,再び稿を起こしたが成らなかった。また築造術,造船術なども学ぶ。武士的風格を持ち,医は国を医すという信念を持つ。小石家(究理堂文庫)は蘭学研究の宝庫。

(山本四郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こいしげんしゅん【小石元俊】

1743~1808) 医師。山城国桂村の人。蘭方医学を関西で普及させた。しばしば解屍を行い解剖家として有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小石元俊
こいしげんしゅん
(1743―1808)

江戸後期の関西蘭医(らんい)学の開拓者。父は本姓林野(はやしの)、もと若狭(わかさ)小浜(おばま)藩国家老小石李伯(りはく)。山城(やましろ)国桂(かつら)村(京都市西京区桂)の生まれ。名は道、字(あざな)は有素(ゆうそ)、大愚、碧霞(へきか)山人と号す。元俊は通称。1750年(寛延3)父に従い大坂に移り、淡輪元潜(たんのわげんせん)(1729―1808)、さらに永富独嘯庵(ながとみどくしょうあん)について漢洋医学を修め、慈雲(飲光(おんこう))に参禅した。1764年(宝暦14)父の没後、数年間西国を歴遊して帰坂。1777年(安永6)京都に移り、開業のかたわら、皆川淇園(きえん)につき文技を磨き、『元衍(げんえん)』60巻を著し、陰陽五行説が実学に益のないことを強調した。1783年(天明3)伏見(ふしみ)で解剖実検を試みただけに『解体新書』に触発され、1786年江戸へ行き、前野良沢、杉田玄白、大槻玄沢(おおつきげんたく)、石川玄常(1744―1815)らと論議を重ね、翌1787年帰京。火災にあい、1788~1796年大坂で開業(「衛生館」とよぶ)。1790年(寛政2)、間重富(はざましげとみ)とともに支援して橋本宗吉を大槻玄沢に学ばせ、オランダ語訳読の協力者とした。京都に移ったのちは著述に専念したが、1799、1800年江戸に行き、1801年(享和1)京都に医学館究理堂を設立、「実験」を旨として教育した。人物は豪快誠実、多くの医学者、文人と親交を結んだ。文化(ぶんか)5年12月25日没。墓所は京都市北区大徳寺町大徳寺塔頭(たっちゅう)孤篷庵(こほうあん)。著作に『元衍』『元衍略義』『学医要論』『有因心語』『衛生堂医訣(いけつ)』などがある。[末中哲夫]
『山本四郎著『小石元俊』(1967/新装版・1989・吉川弘文館) ▽京都府医師会医学史編纂室編『京都の医学史』(1980・思文閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小石元俊の関連キーワード上田仲敏山脇元沖吉益贏齋手医者海上随鴎金玉医者工夫の医者蘭学の宇田川家3代大高元哲佐々木元俊

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone