コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部甕男 なんぶ みかお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部甕男 なんぶ-みかお

1845-1923 明治-大正時代の司法官。
弘化(こうか)2年6月15日生まれ。もと土佐高知藩士。奥宮慥斎(ぞうさい)に陽明学をまなび,京都で尊攘(そんじょう)運動にくわわる。維新後,各地の裁判所長,東京控訴院長などをへて,大審院長をつとめた。枢密顧問官。大正12年9月19日死去。79歳。通称は静太郎。号は南陽。名は「かめお」ともよむ。

南部甕男 なんぶ-かめお

なんぶ-みかお

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

南部甕男

没年:大正12.9.19(1923)
生年:弘化2.6.15(1845.7.19)
明治大正期の司法官。土佐(高知)藩士南部従吾の長男として,高岡郡大野見郷熊秋村(高知県高岡郡)に生まれる。号は南陽。通称静太郎。幼時より奥宮慥斎に就いて陽明学を学ぶ。文久3(1863)年藩命で京都に赴き,尊皇攘夷運動に参加。8月18日の政変では三条実美らの七卿落ちに随行。戊辰戦争で各地を転戦後,明治1(1868)年12月兵部少録として新政府に出仕。4年11月司法大解部となり以後大阪をはじめ各地の裁判所長を歴任。大審院部長,大審院長心得,東京控訴院長を経て,29年10月大審院長。同年6月男爵を授けられた。39年7月大審院長を退職,枢密顧問官となる。<著作>『七生日録』

(楠精一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

南部甕男の関連キーワード南部 光臣南部光臣大正時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android