コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部草 ナンブソウ

2件 の用語解説(南部草の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なんぶ‐そう〔‐サウ〕【南部草】

メギ科の多年草東北地方北海道の山地に自生し、高さ30~40センチ。葉は細長い柄で立ち、広卵形や扇形の3枚の小葉からなる。夏、雄しべ雌しべだけの花を穂状につける。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なんぶそう【南部草】

メギ科の多年草。北日本の深山に自生。根茎は細長く地をはう。葉は根生で長く硬い柄があり、菱ひし状広卵形の三小葉から成る。初夏、細い花茎の先端に萼がく・花弁のない白色小花を穂状につける。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南部草の関連キーワードヤナギラン(柳蘭)山荷葉鈴虫草岩弁慶胡麻菜仙台萩ヤマユリ秋味漬けリュウノウギクナンブソウ