コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南都雄二 なんと ゆうじ

1件 の用語解説(南都雄二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南都雄二 なんと-ゆうじ

1923-1973 昭和時代後期の漫才師。
大正12年4月26日生まれ。昭和23年上方トンボの芸名でミヤコ蝶々(ちょうちょう)とコンビをくむ。24年蝶々と結婚,南都雄二と改名。宝塚新芸座にはいり,のち上方演芸を設立。蝶々とくんだ「夫婦善哉(めおとぜんざい)」の司会で人気をえた。昭和48年3月19日死去。49歳。東京出身。大阪電機学校卒。本名は戸田朝治。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

南都雄二の関連キーワードTHE MANZAI今いくよ芦乃家雁玉今くるよ内海好江春日照代砂川捨丸瀬戸わんや中村春代ミス ワカサ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南都雄二の関連情報