コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妹尾 せのお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妹尾
せのお

岡山市南西部の地区。旧町名。 1971年岡山市に編入。中世は妹尾氏の居住地。近世には旗本戸川氏の所領。旧児島湾に面する漁村でカキ養殖が盛んであったが,干拓により,内陸の町となった。イグサ (→ ) の産地で,むしろ織機,畳表,ござなどの製造が発達。 1950年代より岡山の住宅地区となった。「妹尾千軒丸法華」といわれるように,法華宗の信徒が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

せのお【妹尾】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妹尾
せのお

岡山市南区北西部の一地区。旧妹尾町。古代の妹尾郷(ごう)、中世の妹尾庄(しょう)の地。平安末期の平家の武将妹尾大郎兼康(かねやす)はこの地を本拠とした。江戸中期までは児島(こじま)湾に臨む漁村で、また四国往来に沿う商業地であった。かつてはイグサ栽培が盛んで花莚(はなむしろ)や茣蓙(ござ)生産の中心地であったが、現在は減退し、岡山市中心市街地のベッドタウンになっている。国道2号が通じ、JR宇野線(瀬戸大橋線)妹尾駅がある。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

妹尾の関連キーワードハードパンチャー妹尾伊藤 痴遊(2代目)伊藤痴遊(2代)超人機メタルダー新興仏教青年同盟ザ・パーフェクトウェデマイヤーピンボケたろう十二ヶ郷用水瀬戸 わんや妹尾 アキ夫ソルボリシス瀬戸わんや岡山[市]佐藤 小滝家守 善平妹尾 義郎妹尾正文藤原道山村瀬栲亭

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妹尾の関連情報