コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妹尾 せのお

3件 の用語解説(妹尾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妹尾
せのお

岡山市南西部の地区。旧町名。 1971年岡山市に編入。中世は妹尾氏の居住地。近世には旗本戸川氏の所領。旧児島湾に面する漁村でカキ養殖が盛んであったが,干拓により,内陸の町となった。イグサ (→ ) の産地で,むしろ織機,畳表,ござなどの製造が発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せのお【妹尾】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妹尾
せのお

岡山市南区北西部の一地区。旧妹尾町。古代の妹尾郷(ごう)、中世の妹尾庄(しょう)の地。平安末期の平家の武将妹尾大郎兼康(かねやす)はこの地を本拠とした。江戸中期までは児島(こじま)湾に臨む漁村で、また四国往来に沿う商業地であった。かつてはイグサ栽培が盛んで花莚(はなむしろ)や茣蓙(ござ)生産の中心地であったが、現在は減退し、岡山市中心市街地のベッドタウンになっている。国道2号が通じ、JR宇野線(瀬戸大橋線)妹尾駅がある。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妹尾の関連キーワード岡山県岡山市南区青江岡山県岡山市南区阿津岡山県岡山市南区郡岡山県岡山市南区曽根岡山県岡山市南区中畦岡山県岡山市南区西市岡山県岡山市南区平福岡山県岡山市南区福島岡山県岡山市南区福田岡山県岡山市南区山田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

妹尾の関連情報