コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単独講和 タンドクコウワ

デジタル大辞泉の解説

たんどく‐こうわ〔‐カウワ〕【単独講和】

共同交戦国のうちの一国がその同盟国から離脱して単独に敵国と結ぶ講和。また、複数の相手国のうちのある一国とだけ単独に結ぶ講和。→全面講和

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

単独講和【たんどくこうわ】

全面講和

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たんどくこうわ【単独講和】

交戦中の同盟国のうちの一国が単独で相手国と結ぶ講和。また、複数の相手国のうちの一国とだけ単独に結ぶ講和。 → 全面講和

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

単独講和の関連キーワードフリードリヒ・ウィルヘルム(2世)全国民主主義労働運動連絡協議会フリードリヒ・ウィルヘルム2世ブレスト=リトフスク条約ブレスト・リトフスク条約ブレスト・リトフスク条約マクシミリアン(大公)日本労働組合総評議会ジョン ノールズカール(12世)イタリア統一戦争アカルナイの人々電産・炭労ストブカレスト条約連合国共同宣言対ソ干渉戦争ポーランド史アラスの和約ロンドン条約ファルツ戦争

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単独講和の関連情報