コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印融 いんゆう

2件 の用語解説(印融の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

印融 いんゆう

1435-1519 室町-戦国時代の僧。
永享7年生まれ。長禄(ちょうろく)4年武蔵(むさし)鳥山(神奈川県)三会(さんね)寺の賢継から法をうけ,のち高野山無量光院の院主となる。晩年三会寺にもどり,関東の真言密教再興につくした。「杣保隠遁鈔(せんぽいんとんしょう)」「釈論指南鈔」など,おおくの著作をのこしている。永正(えいしょう)16年8月15日死去。85歳。武蔵久良岐(くらき)郡(神奈川県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

印融

没年:永正16.8.15(1519.9.8)
生年:永享7(1435)
室町・戦国時代真言宗の僧。武蔵国久良岐郡久保(神奈川県)の出身。幼くして高野山に登り,無量光院に住む。関東東密(東寺密教)の衰微を憂いて東行し,武蔵国鳥山(神奈川県)三会寺に住んだ偉材と伝えられる。長禄3(1459)年に鳥山三会寺の賢継から法を受け,醍醐流を究めるとともに,長円,円鎮から西院流能禅方の奥義を学ぶ。85歳で没したが,その徳風は永く関東の僧に慕われ,古義関八州の談林60院余では,毎年,師の肖像をかけて供養したという。また,印融を以って中興開山とする寺院も多く,さらには多くの著書も残し,関東東密における影響と功績は絶大である。弟子に是融,覚融がいる。弘法大師の再来とも崇められた。<参考文献>伊藤宏見『印融法印の研究』伝記編

(井野上眞弓)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

印融の関連キーワード阪井久良岐瑜伽乗院亮深阪井久良伎輝山宗珠尭智玄性賢正性守仟遍長尊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone