コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危素 きそWei Su

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

危素
きそ
Wei Su

[生]元貞1(1295)
[没]洪武5(1372)
中国,末明初の学者。江西省金谿の人。字は太樸。至正1 (1341) 年経筵 (けいえん) 官となり,,元3史編纂に参加。参知政事,翰林学士承旨,嶺北行省左丞などを歴任。一時官を辞し,再度翰林学士承旨を拝命したとき,元皇室の滅亡にあい自殺をはかったが,彼以外に国史を知る者なしといさめられ,断念。史庫に迫った明軍から元実録を守った。明成立後翰林侍講学士となったが,元の臣であったため左遷され,1年余で死去。元末至正年間 (41~67) の詩文の大家。『危太僕文集』 (20巻) ,『詩集』 (2巻) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

危素の関連キーワード洪武

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android