コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

即自的階級 そくじてきかいきゅうKlasse an sich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

即自的階級
そくじてきかいきゅう
Klasse an sich

K.H.マルクスの用語。資本主義生産様式下において,体制的に規定された利害の対立を根にもち,生活の全面にわたる差別状態のもとにある人々は,資本に対する賃労働という意味で階級を形成する。しかし,この段階の階級は,まだみずからの階級的地位や階級的利害について自覚した階級ではない。マルクスはこの種の階級を即自的階級と呼んで,それより高次の階級,つまり自覚段階に達した対自的階級と区別している。階級がその利害の共同を意識し,組織のもとに団結して階級闘争を行うまでになったときに,初めて真の自覚した階級が成立すると考えるわけである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

即自的階級
そくじてきかいきゅう
Klasse an sichドイツ語

マルクスの用語。対自的階級Klasse fr sich(ドイツ語)と対概念をなす。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の即自的階級の言及

【階級意識】より

…階級に階級としての使命があり,したがって目標があることを自覚すれば,それは目標を実現するための方法や手段あるいは戦略や戦術について考え,実際に展望をもって行動するようになるであろう。マルクスとエンゲルスは,このように成熟した階級意識をもつものを対自的階級Klasse für sichと呼び,これにたいして階級意識形成の初期段階にあるものを即自的階級Klasse an sichと呼んだ。 しかし,いずれにしても現実の資本主義社会では〈階級意識〉は自生的に形成されない。…

※「即自的階級」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone