卵麺(読み)らんめん

日本の郷土料理がわかる辞典「卵麺」の解説

らんめん【卵麺/蘭麺】


をつなぎに用いた小麦粉そば粉で作る。普通、小麦粉のものをいい、そば粉のものは「卵切(らんぎ)り」ということが多い。
➁➀の一種で、岩手県南部の江刺地方を中心とした奥州市周辺の名産品。小麦粉に卵を混ぜ、と少量の水を加えて練って作る、そうめんのように細い乾麺。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「卵麺」の解説

らん‐めん【卵麺】

〘名〙 鶏卵をつなぎに加えた蕎麦。卵入りのそばきり。らんぎり。
※洒落本・通人三国師(1781)発端「いまいましいのなまうできげんやみくもにらんめんをやれば正直そばの女郎も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android