コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能太夫 のうだゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能太夫
のうだゆう

元来は,四座 (観世宝生金春金剛) の宗家の称。ただし喜多流宗家だけは喜多太夫と呼ばなかった。転じて,能のシテ役のことをも太夫と称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

のう‐だゆう〔‐ダイフ〕【能夫】

役者のうち、公の席でシテを務める立場の者。江戸時代は四座一流の家元や各藩所属役者で格の高い者などをさした。のち、能役者一般をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のうだゆう【能太夫】

能を演ずる役者のうち、相当の家柄の者。江戸時代では四座一流の家元などをいう。転じて、能を舞う者一般をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

能太夫の関連キーワード河原崎権之助(初代)遠藤清之進河原崎座勧進能家柄元来

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android