コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原五郎兵衛 はら ごろうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原五郎兵衛 はら-ごろうべえ

1771-1845 江戸時代後期の治水家。
明和8年生まれ。武蔵(むさし)横見郡(よこみぐん)下吉見領一ツ木村(埼玉県吉見町)の名主。比企郡の川島領大囲堤(おおがこいづつみ)の修築のため,老中直訴をつづけ,天保(てんぽう)4年(1833)大囲堤の増築荒川の流路変更工事をおこなった。弘化(こうか)2年死去。75歳。名は美胤。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

原五郎兵衛の関連キーワードマルクス経済学お蔭参り山岡浚明シュレーダー新聞キャベンディッシュ杉田玄白土御門泰邦平賀源内丹羽貴明

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android