コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原呉山 はら ござん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原呉山 はら-ござん

1827-1897 幕末-明治時代の陶工。
文政10年生まれ。永楽和全と交遊し,青木木米(もくべい)を手本として,文久年間(1861-64)楽焼をつくる。明治13年金沢鶯谷(うぐいすだに)に,また石川県江沼郡山代でも窯をひらいて陶工を指導。門下に諏訪蘇山(すわ-そざん)らがいる。明治30年死去。71歳。加賀(石川県)出身。名は与三兵衛。通称は紺屋伊右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android