原告適格(読み)げんこくてきかく(英語表記)standing to sue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「原告適格」の解説

原告適格
げんこくてきかく
standing to sue

広義には,裁判所へ民事訴訟または行政事件訴訟を提起する,つまり原告となる資格のことで,自己の具体的な権利義務を争うことが必要である。しかし,一般に原告適格といった場合は,その紛争で争われている自己の権利義務を超えた法的利害について,または自己の権利義務に関する訴訟から派生した法的利害について争う資格の意味に限定して用いられる。つまりクラスアクション第三者の権利義務を争う資格のことである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「原告適格」の解説

げんこく‐てきかく【原告適格】

一定の権利関係について、原告として訴訟を適法に行し判決を受けることのできる資格。特に行政事件訴訟で問題となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の原告適格の言及

【原告】より

…原告が勝訴して,敗訴した被告が上訴した場合,上訴審では原告が被控訴人・被上告人となるわけである。誰が原告になり得るか(原告適格)は,とくに行政事件において争われることが多い。【高橋 宏志】。…

※「原告適格」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android