コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子砲 げんしほう atomic gun

3件 の用語解説(原子砲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子砲
げんしほう
atomic gun

原子砲弾を発射する砲。 1953年にアメリカ陸軍が初めて完成した原子砲は,口径 280mm,在来型砲弾,原子砲弾ともに発射可能で,射程 32km,重量 85t,車両が牽引して時速 50kmで移動することができたが,63年に退役した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんし‐ほう〔‐ハウ〕【原子砲】

核弾頭をつけた砲弾を発射できる大砲。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原子砲
げんしほう
atomic cannon

核砲弾を発射する大砲。戦術核兵器の一種。1953年5月、アメリカはネバダ核爆発実験場で280ミリ(口径)原子砲の初めての実験を行った。その後、核弾頭が小型化され、現在では203ミリ(8インチ)榴弾(りゅうだん)砲および155ミリ榴弾砲が使われている。核砲弾の威力はTNT火薬換算で数キロトン程度とされている。中性子爆弾を砲弾にしたものも発射できる。[服部 学]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子砲の関連キーワードガス銃救命砲空砲撃発擲弾筒発射管平射砲眼玉薬20ミリ機関砲

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原子砲の関連情報