コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子砲 げんしほうatomic gun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子砲
げんしほう
atomic gun

原子砲弾を発射する砲。 1953年にアメリカ陸軍が初めて完成した原子砲は,口径 280mm,在来型砲弾,原子砲弾ともに発射可能で,射程 32km,重量 85t,車両が牽引して時速 50kmで移動することができたが,63年に退役した。 57年には 203mm原子砲弾が開発され,さらに 64年には 155mm榴弾砲の砲弾にも TNT2kt級の原子砲弾が開発された。その後,原子砲は小型化し機動性が高くなったが,冷戦の終了を受けて 91年9月,アメリカは海外に配備されているすべての核砲弾を撤去し,廃棄することを明らかにした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げんし‐ほう〔‐ハウ〕【原子砲】

核弾頭をつけた砲弾を発射できる大砲

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原子砲
げんしほう
atomic cannon

核砲弾を発射する大砲。戦術核兵器の一種。1953年5月、アメリカはネバダ核爆発実験場で280ミリ(口径)原子砲の初めての実験を行った。その後、核弾頭が小型化され、現在では203ミリ(8インチ)榴弾(りゅうだん)砲および155ミリ榴弾砲が使われている。核砲弾の威力はTNT火薬換算で数キロトン程度とされている。中性子爆弾を砲弾にしたものも発射できる。[服部 学]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

原子砲の関連キーワードニュールック戦略軍事技術服部

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android