コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榴弾 リュウダン

3件 の用語解説(榴弾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐だん〔リウ‐〕【×榴弾】

比較的薄肉の外殻の中に大量の炸薬(さくやく)を充填(じゅうてん)した破壊力の強い砲弾。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

榴弾【りゅうだん】

砲や家屋,艦船の非装甲部分などの破壊,または人馬の殺傷を目的とする弾丸。薄い弾体に多量の炸薬(さくやく)を詰め,炸薬の爆発力による弾片でその目的を達する。ふつう瞬発信管を用いるが,近接信管で殺傷効果をあげることもある。
→関連項目曲射砲成形炸薬大砲弾丸手榴弾

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

りゅうだん【榴弾】

弾体内に炸薬さくやくを充塡じゆうてんした砲弾。爆風と弾体の破片とで破壊・殺傷する。 「 -砲」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の榴弾の言及

【弾薬】より

…このほか,口径20mm以上であるが擲弾(てきだん)を小火器弾薬に含めることがある。火砲弾薬は,カノン(加農)砲,榴弾(りゆうだん)砲,迫撃砲,無反動砲などから発射され,通常,尖頭長円筒形の弾丸,炸薬(さくやく)を起爆する信管,発射薬を点火する火管,およびこれらを一体化する黄銅または鉄製の薬莢からなる(図2)が,弾種により信管や炸薬,あるいは薬莢を欠くものもある。これら構成部品の組みつけ,発射薬量の加減,装塡要領などによって,固定弾,半固定弾,分離装塡弾などに分けられる。…

※「榴弾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

榴弾の関連キーワード機甲部隊装甲家屋艦船浮遊機雷劣化ウラン弾トレスカの破壊規準モール‐クーロンの破壊基準規約共用部分グデーリアン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

榴弾の関連情報