コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原形質連絡 げんけいしつれんらく

大辞林 第三版の解説

げんけいしつれんらく【原形質連絡】

多細胞植物の隣り合う細胞の原形質間を連絡している細い細胞間橋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原形質連絡
げんけいしつれんらく

多細胞植物体の細胞間の細胞壁を貫く細い細胞質の糸、またはこれによる細胞間のつながりをいう。タングルTanglが発見(1879)した。太さ40ナノメートル前後で、両細胞の細胞膜がこれを通じてつながって細い管をつくり、その中を細胞質が通っている。物質とくに高分子物質の流通に役だっていると考えられる。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

原形質連絡の関連キーワード篩部道束