コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田一道 はらだ いちどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田一道 はらだ-いちどう

1830-1910 幕末-明治時代の兵学者,軍人。
文政13年8月20日生まれ。原田熊雄の祖父。備中岡山新田(鴨方)藩士。江戸で洋式兵学をおさめる。文久3年(1863)池田長発(ながおき)にしたがい渡欧し,兵書を収集,購入。のち兵学大学校教授,砲兵局長などをつとめ,明治14年陸軍少将貴族院議員。明治43年12月10日死去。81歳。別名に駒之進,敬策。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

原田一道

没年:明治43.12.8(1910)
生年:天保1.8.21(1830.10.7)
明治期の陸軍軍人。岡山藩医原田碩斎の長男,孫に原田熊雄(西園寺公望の政治秘書)。文久3(1863)年フランス,オランダに留学,幕末に兵学者として活躍した。砲術に長じ,明治新陸軍でも砲術面の発展に貢献している。明治14(1881)年少将となり,以後昇進はなかったが元老院議官,貴族院議員を務め,男爵位も授けられた。

(田中宏巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

原田一道の関連キーワード原田 熊雄原田直次郎江木 千之明治時代原田豊吉没年

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android