コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田長発 いけだながおき

4件 の用語解説(池田長発の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池田長発
いけだながおき

[生]天保8(1837).7.23. 江戸
[没]1879.9.12. 岡山
江戸時代末期の幕臣。筑後守。旗本池田長溥の養子となる。采地は備中井原村 1000石。通称は修理。幼時から才能がすぐれ,小普請組から文久2 (1862) 年,目付,翌年,京都町奉行に昇進。幕府が開市開港の期日を延期するため,同3年海外に使節派遣を決定すると,長発は外国奉行に転じて,この使節の正使となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田長発 いけだ-ながのぶ

いけだ-ながおき

池田長発 いけだ-ながおき

1837-1879 幕末の武士。
天保(てんぽう)8年7月23日生まれ。池田長休(ながやす)の4男。池田長溥(ながひろ)の養子。幕臣。文久3年目付から外国奉行となる。幕府正使としてフランスにわたり,横浜鎖港の交渉にあたるが失敗。元治(げんじ)元年(1864)帰国,攘夷(じょうい)は不可能と開国を建言し,減封・隠居の処分をうけた。明治12年9月12日死去。43歳。江戸出身。号は可軒。別名に長顕(ながあき)。名は「ながのぶ」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

池田長発

没年:明治12.9.12(1879)
生年:天保8.7.23(1837.8.23)
幕末の幕臣。旗本池田長休の4男。のち旗本池田長傅の養子となる。俊才として知られ,文久2(1862)年小十人頭から目付に昇進し外国御用立会並に貿易筋之御用を命じられ,翌3年火付盗賊改,京都町奉行を経て目付に再任,9月外国奉行に就き筑後守を称す。激化する攘夷運動に対処すべく,同年11月幕府の横浜鎖港談判使節の正使として渡欧。元治1(1864)年パリで交渉を開始したが鎖港の非現実性を知り,パリ約定調印後急ぎ帰国。幕府に鎖港不可能を建言したが,逆に譴責を被り1200石の禄高を半減され隠居。慶応3(1867)年許されて軍艦奉行並に再登用されたが程なく辞し,明治維新後は岡山に退いた。<参考文献>「幕府名士小伝」(『旧幕府』1巻2号)

(岩壁義光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

池田長発の関連キーワードマン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗生田万の乱辞典スタング(父子)常磐津文字太夫

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone