コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴨方 かもがた

3件 の用語解説(鴨方の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鴨方
かもがた

岡山県南西部,浅口市中・北部を占める旧町域。 JR山陽本線北方の丘陵地にある。 1925年町制施行。 1955年六条院町と合体。 2006年金光町,寄島町と合体して浅口市となった。中心地区の鴨方は江戸時代には岡山の池田氏の支藩2万 5000石の陣屋が置かれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かもがた【鴨方】

岡山県南西部、浅口市の地名。近世には岡山藩の支藩鴨方藩の陣屋があった。そうめん・麦藁細工(麦かん真田)などを産する。備中杜氏とうじの出身地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鴨方
かもがた

岡山県南西部、浅口(あさくち)郡にあった旧町名(鴨方町(ちょう))。現在は浅口市の西部を占める地域。旧鴨方町は、1925年(大正14)町制施行。1955年(昭和30)六条院町と合併。2006年(平成18)金光(こんこう)、寄島(よりしま)2町と合併して市制施行、浅口市となった。『和名抄(わみょうしょう)』の川村郷の地。室町時代には備中(びっちゅう)の守護細川氏の鴨山(かもやま)城があった。近世は1672年(寛文12)以降、岡山藩の支藩鴨方藩領で、鴨山南麓(なんろく)に池田氏の陣屋町がつくられた。北部の竹林寺山(ちくりんじやま)、遙照山(ようしょうざん)などと南部の竜王山などの丘陵地の間に低地帯があり、条里遺構の残る水田が開け、JR山陽本線、国道2号もここを通る。北部には山陽自動車道鴨方インターチェンジがある。丘陵斜面ではモモの栽培が盛ん。特産のそうめんは、近世に杉谷川の水車を利用してつくられたのが始まりである。また、伝統産業として酒造りも行われている。倉敷市と広島県福山市の中間にあり、国道沿いを中心に都市化が進んでいる。竹林寺山には国立天文台岡山天体物理観測所があり、隣接して岡山天文博物館がある。[由比浜省吾]
『『鴨方町史』全3巻(1985~1993・鴨方町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鴨方の関連キーワード金光岡山県浅口郡鴨方〈町〉岡山県浅口市鴨方町深田金光〈町〉岡山県浅口市金光町占見岡山県浅口市金光町佐方岡山県浅口市金光町須恵岡山県浅口市金光町八重岡山県浅口市寄島町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鴨方の関連情報