コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田祖岳 はらだ そがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田祖岳 はらだ-そがく

1871-1961 明治-昭和時代の僧。
明治4年10月13日生まれ。曹洞(そうとう)宗の丘宗潭(そうたん)や臨済(りんざい)宗の豊田毒湛(どくたん)らに師事。明治44年母校曹洞宗大(現駒沢大)の教授。福井県発心寺,京都智源寺の住職となり,僧俗を指導した。忽滑谷(ぬかりや)快天との正信(しょうしん)論争は有名。昭和36年12月12日死去。90歳。福井県出身。号は大雲。著作に「普勧坐禅儀講話」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

原田祖岳の関連キーワードラサール エノミヤ愛宮真備昭和時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android