コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忽滑谷快天 ぬかりや かいてん

1件 の用語解説(忽滑谷快天の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忽滑谷快天 ぬかりや-かいてん

1867-1934 明治-昭和時代前期の仏教学者,僧。
慶応3年12月1日生まれ。曹洞(そうとう)宗。明治44年欧米に留学,大正9年曹洞宗大(現駒沢大)学長となる。仏教思想の海外普及に貢献し,また禅の歴史的研究でも知られた。昭和9年7月11日死去。68歳。武蔵(むさし)多摩郡(東京都)出身。慶応義塾卒。旧姓は遠藤。著作に「禅学思想史」「朝鮮禅教史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

忽滑谷快天の関連キーワード合田平久保勇上坂熊勝桜井忠剛津山英吉藤堂高成西田恒夫西野藤助橋本実穎武藤虎太

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone