コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏国寺 ぶっこくじ Pulguk-sa

9件 の用語解説(仏国寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏国寺
ぶっこくじ
Pulguk-sa

大韓民国 (韓国) ,キョンサンプク (慶尚北) 道キョンジュ (慶州) 市進 峴洞にある寺院。トハム (吐含) 山麓に広大な石壇を築いて寺域としている。創建は統一新羅時代の8世紀中頃であるが,現存の木造建築のうち大雄殿,極楽殿,紫霞門などは李朝末期の重建。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶっこく‐じ【仏国寺】

大韓民国、慶尚北道慶州市吐含(とがん)山麓にある寺。528年、新羅法興王の勅建と伝える。多宝塔などの石造遺構は新羅文化の最盛期を示す。1995年、付近の石窟庵とともに世界遺産文化遺産)に登録された。華厳仏国寺。プルグクサ。

プルグク‐サ【仏国寺】

ぶっこくじ(仏国寺)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

仏国寺【ぶっこくじ】

韓国,慶尚北道慶州の東,吐含(とがん)山にある寺。華厳(けごん)宗に属した。新羅の訥祇(とつぎ)王(在位417年―458年)のとき,高句麗の僧我道が新羅にきて,仏法を広めようとして迫害され,難を避けて庵を結んだのに始まる。
→関連項目慶州石窟庵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産情報の解説

仏国寺

仏国寺は、大韓民国慶州市の郊外にある仏教寺院です。吐含山の中腹に位置する仏国寺は、大韓仏教曹渓宗第11教区の本寺であり、韓国を代表する寺院として広く知られています。新羅の景徳王の時代、宰相の金大城により建立されたといわれ、『三国遺事』には金大城が現世での父母のために建立したと記述されています。仏国寺では6つの国宝を始めとして、統一新羅時代に作られた貴重な文化財をたっぷりと味わうことができます。1995年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶっこくじ【仏国寺】

韓国,慶尚北道慶州市の郊外にある大寺。新羅の法興王代(在位514‐540)に創建され,景徳女王10年(751)に宰相金大城の発願により伽藍は大規模に拡充されたと伝える。伽藍は吐含山麓に東西2部を営み,大雄殿を中心とする東部は,大雄殿前方左右に多宝塔,釈伽塔を配し,四囲に回廊をめぐらせ,正面の紫霞門前面には高い石壇を築き,石造アーチを用いた優美な青雲橋,白雲橋がかかる。伽藍配置薬師寺と同じ双塔式で,石築壇や建物の基壇・礎石はすべて金大城再興のものであるが,大雄殿,極楽殿,紫霞門などの現存の建物は李朝中期の再建になり,1972年には現存の建物と様式を統一して伽藍全体が復元された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶっこくじ【仏国寺】

韓国南東部の慶州市郊外吐含山麓にある寺。528年新羅法興王の創建。以後、大規模に拡充され大いに栄えたが、文禄の役で大半を焼失。1972年、朝鮮王朝中期の再建になる建物と様式を統一して伽藍全体が復元された。釈迦塔・多宝塔・石橋などは新羅時代の遺構。華厳仏国寺。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ぶっこくじ【仏国寺】

韓国南部のキョンサンプクト(慶尚北道)キョンジュ(慶州)市郊外、トハムサン(吐含山)の中腹にある仏教寺院。751年ごろ、新羅の景徳王の時代に宰相を務めていたキムデソン(金大城)により創建された。1593年の文禄の役(韓国では壬申倭乱)で建物は焼失、その後再建が始まり、1970年代に行われた大改修を経て今日に至っている。境内には青雲橋・白雲橋、蓮華橋・七宝橋、大雄殿のほか、多宝塔・釈迦塔の2つの宝塔などがあり、新羅時代につくられた金銅毘盧遮那仏が安置されていて、統一新羅時代の貴重な文化財にふれることができる。◇「プルグクサ」とも読む。1995年に、同じ吐含山麓にあるソックラム(石窟庵)とともに、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏国寺
ぶっこくじ

韓国(大韓民国)、慶尚北道慶州市吐含山(とがんさん)にある寺。華厳(けごん)仏国寺、華厳法流寺ともいう。新羅(しらぎ)法興王が528年に王夫人法流尼のために勅建されたものである。のち574年真興(しんこう)王のとき重興され、毘盧遮那(びるしゃな)仏・阿弥陀(あみだ)仏の2像を鋳造奉安した。また670年講堂無説殿が建立され、華厳が講ぜられた。751年、宰相金大城は両親のために堂宇を建て、先祖のために石仏寺(石窟庵(せっくつあん))をつくり、神琳表訓(しんりんひょうくん)を請(しょう)じて住持させた。774年12月大城の没後、朝廷はその事業を継承し、東都第一の名刹(めいさつ)となった。たび重なる再興、重修を経て栄えたが、1592年日本軍の兵火にかかり(文禄(ぶんろく)の役、壬辰倭乱(じんしんわらん))、大雄殿、極楽(ごくらく)殿、紫霞(しか)門ほかことごとく焼失。1659年に再興されたが、ふたたび祝融(しゅくゆう)の災にかかる。現存の大雄殿は1767年6月、道泰(どうたい)・贊弘(さんこう)らによる重建である。伽藍(がらん)配置はわが国の奈良時代前期の規模と類似したものであった。極楽殿に安置されている銅造阿弥陀像は初唐の気風をもち、新羅統一時代の代表的傑作といわれる。この寺は慶州石窟庵とともに、1995年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[里道徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仏国寺の関連キーワード慶尚北道瞻星台慶州民俗工芸村骨窟寺古墳公園五稜普門観光団地芬皇寺址鮑石亭址文武大王水中陵

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仏国寺の関連情報