コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

階梯 カイテイ

デジタル大辞泉の解説

かい‐てい【階×梯】

《本来は「はしごだん」の意》
学問・芸術などの手ほどき。また、それを説いた書物。入門書。「英語階梯
学問・芸術などを学ぶ段階。また、物事の発展の過程。
「低いレベルから、さらに公正な―に一段高く立つことが」〈長与竹沢先生と云ふ人
器械体操で斜めにかけて使うはしご。また、それを使ってする体操。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいてい【階梯】

〔階段の意〕
物事を学ぶ段階。また、物事の発展の過程。 「顔の醜いのを自認するのは心の賤しきを会得する-にもならう/吾輩は猫である 漱石
学問・芸能の手引き。 「仏語-」
体操器具で、斜めに立てかけたはしご。また、それを使って行う体操。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

階梯の関連キーワードムハンマド・ナフチェバーニーステップバイステップ方式ハインリッヒ シュルツバールックの段階法則バリュクの段階法則吾輩は猫であるアンサーリーアーラープカヤポー族中村達太郎滋野井公麗年齢階梯制カラバリ族佐野経彦三浦道斎バイエル長老政治稲村三伯佐藤顕理武田真元

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

階梯の関連情報