コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

階梯 カイテイ

2件 の用語解説(階梯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい‐てい【階×梯】

《本来は「はしごだん」の意》
学問・芸術などの手ほどき。また、それを説いた書物。入門書。「英語階梯
学問・芸術などを学ぶ段階。また、物事の発展の過程。
「低いレベルから、さらに公正な―に一段高く立つことが」〈長与竹沢先生と云ふ人
器械体操で斜めにかけて使うはしご。また、それを使ってする体操。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいてい【階梯】

〔階段の意〕
物事を学ぶ段階。また、物事の発展の過程。 「顔の醜いのを自認するのは心の賤しきを会得する-にもならう/吾輩は猫である 漱石
学問・芸能の手引き。 「仏語-」
体操器具で、斜めに立てかけたはしご。また、それを使って行う体操。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

階梯の関連情報