厭世(読み)エンセイ

デジタル大辞泉の解説

えん‐せい【×厭世】

世の中をいやなもの、人生を価値のないものと思うこと。「厭世自殺」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐せい【厭世】

〘名〙 (「せい」は「世」の漢音) この世や人生は悪と苦にみちていて生きていることがつまらないものだと思うこと。世の中をいとうこと。⇔楽天
※厭世詩家と女性(1892)〈北村透谷〉「誠信の以て厭世(ヱンセイ)に勝つところなく経験の以て厭世(ヱンセイ)を破るところなき純一なる理想を」 〔荘子‐天地〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報