コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳格化傾向

人材マネジメント用語集の解説

厳格化傾向

厳格化傾向 Negative Leniency
・人事評価時に評価者が陥りやすいエラーで、必要以上に評価が厳しく(低く)なる傾向を指す。
・部下を評価する際に、優秀な評価者が自身の経験や実績を基準にしてしまうことなどが原因として考えられる。
・本来、評価者の等級(ランク)に求められる役割などを基準とすべきであるが、優秀な評価者の自身の実績を基準としてしまうため、部下に対する期待値が高くなり、
「何故こんなことも出来ないのか」と評価を低くしてしまう。
・厳格化傾向は、人事評価時における正当な評価との乖離を意味し、人事評価時に評価者が留意する事項の一つとして用いられる。
・厳格化傾向の予防策としては、過去に優秀な成績を残した評価者などに対して、社内にある等級制度を公開し、各等級によってどういったものが求められているのか理
解させることなどが考えられる。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

厳格化傾向の関連キーワードNAK実証主義積極的平和主義NMOSカラーネガカラーネガフィルムネガフィルムネガティブSEOn型半導体実証主義

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone