コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳羽 げんう

3件 の用語解説(厳羽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厳羽
げんう

「滄浪詩話 (そうろうしわ)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げん‐う【厳羽】

中国、南宋の文人。邵武(しょうぶ)(福建省)の人。字(あざな)は儀卿(ぎけい)、号は滄浪(そうろう)。その著「滄浪詩話」は宋の詩話のうち唯一の体系的詩論書で、禅によって詩を論じ、特に盛唐詩を尊んだ。明・清および日本の詩人にも影響を及ぼした。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

厳羽
げんう

生没年不詳。中国、宋(そう)代の詩論家。字(あざな)は儀卿(ぎけい)。号は滄浪逋客(そうろうほかく)。邵武(しょうぶ)(福建省)の人。生涯仕官せず、各地に遊び、隠士たちと交わって終わった。その学問は陸象山(りくしょうざん)の系列にあると思われる。彼の著『滄浪詩話』は、随筆的、寸評的な宋の詩話のなかで、唯一の体系的な詩論書である。彼は「詩に別材有り、書に関するにあらず、詩に別趣有り、理に関するにあらず」と、宋の詩が学識と説理に傾くのを退け、美的感興、情的興趣を詩の第一義として、その理想を唐の杜甫(とほ)と李白(りはく)においた。詩の根源的把握を妙悟という禅的感得に求める彼の興趣説は、清(しん)の王士禎(おうしてい)の神韻説の源流となるものである。詩集に『滄浪吟』があり、詩100余編を残している。そのなかに紹定年間(1228~33)に異民族が邵武を侵したとき、軍政のあり方に憤慨してつくった「庚寅(こういん)の乱を紀(しる)す」の詩がみえる。[横山伊勢雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の厳羽の言及

【滄浪詩話】より

…中国,南宋の厳羽の詩学の書。1230年ごろの著。…

※「厳羽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

厳羽の関連キーワード姜夔蔡元定朱熹曹知白劉義慶小文朱陸臨川集曽鞏鄭樵

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone