コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 サン

7件 の用語解説(参の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さん【参】

加わること。参加。「・不参を問う」
朝廷・寺社など尊貴の所に行くこと。まいること。
「―を以てもお悦び申さんと存ずる折から」〈浄・歌軍法〉

さん【参〔參〕】[漢字項目]

[音]サン(呉)(漢) シン(呉)(漢) [訓]まいる みつ みっつ
学習漢字]4年
〈サン〉
照らし合わせる。「参考参照
加わる。仲間入りする。「参加参画参政参謀古参新参(しんざん)
ある目的のためにそこへ行く。まいる。「参賀参観参拝帰参持参日参墓参
「三」の大字。「参万円」
「参議院」の略。「衆参両院」
三河(みかわ)国。「参州
〈シン〉
そろわないさま。「参差(しんし)
人参(にんじん)。「独参湯(どくじんとう)
[名のり]かず・ちか・なか・ほし・み・みち
[難読]海参(いりこ)・参宿(しんしゅく)

しん【参】

二十八宿の一。西方の第七宿。現在のオリオン座の中央部に三つ連なって並ぶ星をさす。からすきぼし。みつらぼし。三つ星。参宿。

しん【参】[漢字項目]

さん

まい〔まゐ〕【参】

《用例は連用形のみで、上一段活用動詞か上二段活用動詞か不明》参上する。単独の用例はごく少なく「まいく(参来)」「まいむかう(参向)」など、複合動詞として用いられる。
「山越え野行き都辺に―し我が背を」〈・四一一六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さん【参】

二十八宿の一。 → しん(参)
禅宗で人を集め、座禅・説法・念誦ねんじゆすること。

しん【参】

二十八宿の一。西方の星宿。オリオン座の中心部にあたる。参宿。からすきぼし。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

参の関連キーワード

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

参の関連情報