コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参る マイル

3件 の用語解説(参るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まい・る〔まゐる〕【参る】

[動ラ五(四)]《上一段活用動詞「まいる」に「い(入)る」の付いた「まいいる」の音変化で、貴人のもとに参入する意が原義》

行く」の謙譲語で、行く先方を敬う。
㋐神仏に詣でる。参詣する。「墓に―・る」
㋑貴人のもとや貴所に参上する。宮中に出仕する。入内する。⇔罷出(まかず)
「暁に御迎へに―・るべきよし申してなむまかで侍りぬる」〈・夕顔〉
主として会話に用い、聞き手に対し、「行く」「来る」を、へりくだる気持ちをこめて丁重に表現する丁寧語。
㋐「行く・来る」の先方が聞き手のところの場合には、その先方を敬いながら、「行く・来る」を丁重にいう。「明日、お宅へ―・ります」「御当地に―・って、はじめて知りました」
㋑単に「行く・来る」を丁重にいう場合。このときにも謙譲の気持ちは残るので、敬うべき人の動作には用いない。現在、「先生もまいられますか」のような言い方は適切でないとされる。「私の家に弟が―・るはずです」「列車が―・ります」「雨が降って―・りました」
2のへりくだる気持ちが失せて、「行く」を重々しくいう。「そう簡単には―・らぬぞ」
「日本の王政維新のように旨く―・るか―・らぬか」〈福沢福翁自伝
相手に優位を占められる、屈するの意に変化したもの。
負ける。降参する。「どうだ、―・ったか」
閉口する。よわる。困る。「今年の暑さには―・った」
死ぬ。やや、卑しめて言う。「とうとうあいつも―・ったか」
異性などに心を奪われる。「彼女に―・っている」
貴人のもとへ物などが行くところから、差し上げる意に変化したもの。
貴人・上位者に対する下位者の行動についての謙譲語。
㋐貴人に対して何かをさし上げる。献上する。
「親王に、うまの頭(かみ)大御酒(おほみき)―・る」〈伊勢・八二〉
㋑貴人のために何かをしてさし上げる。奉仕する。
「(源氏ノタメニ)加持など―・るほど」〈・若紫〉
㋒上位者に対して、この手紙をさし上げますの意で、男女ともに手紙の脇付に用いる語。終止形だけが用いられる。
「母様―・る冠者丸と書てあり」〈浄・嫗山姥
奉仕を受ける貴人の動作そのものを表すように変化した尊敬語。
㋐「食う」「飲む」の尊敬語。召し上がる。
「心地もまことに苦しければ、ものもつゆばかり―・らず」〈・総角〉
㋑「する」の尊敬語。なさる。
「大殿油短く―・りて御覧ずるに」〈・梅枝〉
[可能]まいれる

ま・いる〔まゐる〕【参る】

[動ワ上一]貴人・高貴の人のもとへ行く意の謙譲語。参上する。上る。
「岩根踏み山越え野行き都辺(へ)に―・ゐしわが背を」〈・四一一六〉
[補説]上代に、連用形「まゐ」のほか、「まいく」「まいず」「まいのぼる」など複合動詞の一部としての例がみられるだけなので、終止形が「まう」のワ行上二段活用とする説もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まいる【参る】

( 動五[四] ) 〔「参まゐる」の転〕
(自動詞)
「行く」「来る」の意の謙譲語。動作の及ぶ相手を敬う。聞き手と動作の及ぶ相手とが一致している場合に用いられる。 「また明日二時に-・ります」 「お客さま、お迎えの車が-・りました」 「はい、すぐにそちらへ-・ります」
「行く」「来る」の意の丁寧語。聞き手への敬意をこめていう。 「駅までご一緒に-・りましょう」 「このバスは市役所へ-・りますでしょうか」
神社・寺院や墓へ行って拝む意の謙譲語。もうでる。参詣する。お参りする。 「菩提寺に-・る」
「行く」「来る」意の尊大語。上位者が下位者の行為を低めていう。 「わしはあとから行くからお前は先に-・れ」 「早くこちらへ-・れ」
相手の力や能力に負けて降参したということを相手に表明する語。 「『どうだ-・ったか』『うん、-・った』」 「おみごと、-・りました」 「貴兄の卓説には-・りました」
事態に対応できなかったりして、困惑・閉口している気持ちを表す。 「彼のせっかちには-・るよ」 「 - ・ったなあ、この渋滞には」
困難な状況にあって、肉体や精神が弱る。 「徹夜続きで体が-・ってしまう」 「激務で神経が-・る」 「今年の夏の暑さには-・った」
(多く相手を卑しめて)死ぬ。 「ついに彼も-・ったか」
(多くは「まいっている」の形で)ある異性にすっかりほれる。 「彼は奥さんにぞっこん-・っている」 「彼はあの子の魅力にすっかり-・っているらしい」
(補助動詞) 動詞の連用形に助詞「て」の付いたものに付いて、補助動詞「行く」「来る」に謙譲の意を添えて言い表す。 「早速品物を持って-・ります」 「田舎から出て-・りましたばかりで、とんと勝手がわかりません」
貴人のいる場所、貴い場所へ移動する。 「春宮とうぐうの生れ給へりける時に-・りてよめる/古今 賀詞」 「とく装束そうぞきてかしこへお-・れ/蜻蛉
「行く」「来る」の意の謙譲語。古くは聞き手と動作の及ぶ相手とが一致しない場合にも用いる。 「前の川原へ-・りあはん/徒然 25」 「その有りさま、-・りて申せ/徒然 238
貴人に奉公するためにそのもとへ行く。出仕する。 「宮に初めて-・りたるころ/枕草子 184
入内じゆだいする。 「十六にて故宮に-・り給ひて、二十にておくれ奉り給ふ/源氏 賢木
(他動詞)
貴人に対する下の者の動作の謙譲語。
貴人に品物を献上する。進上する。さしあげる。 「親王みこに馬の頭かみ大御酒おおみき-・る/伊勢 82」 「御手水ちようずとり具して-・りたり/落窪 1」 「箏の御琴-・りたれば、少し弾き給ふも/源氏 明石
貴人のために、何らかの動作をする。してさしあげる。 「掃部司かもんづかさ参りて御格子-・る/枕草子 278」 「まだ大殿油も-・らざりけり/源氏 東屋」 「御ゆする(=洗髪)-・り、御衣着かへなどし給ひて/源氏
(この手紙を差し上げます、の意から)手紙の脇付に用いる語。 「小春様-・る/浄瑠璃・天の網島
貴人の動作の尊敬語。
「食う」「飲む」の尊敬語。召し上がる。 「今は粥など-・りて/蜻蛉
ある動作をする、または、ある動作を受ける意の尊敬語。 「夜深く、御手水-・り/源氏 須磨」 「大殿油短く-・りて御覧ずるに/源氏 梅枝」 「こよひはなほ静かに加持など-・りて出でさせ給へ/源氏 若紫
[可能] まいれる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

参るの関連キーワード一段活用上一段活用上二段活用下一段活用正格活用参出見れる着れる干る嚔る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

参るの関連情報