コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参賛大臣 さんさんだいじんcan-zan da-chen; ts`an-tsan ta-chên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

参賛大臣
さんさんだいじん
can-zan da-chen; ts`an-tsan ta-chên

中国,清朝で外モンゴル,新疆に派遣され,将軍のもとで軍務を議する行政官。外モンゴルにはウリヤスタイ (烏里雅蘇台) 参賛大臣とコブト (科布多) 参賛大臣があってウリヤスタイ将軍を補佐し,新疆はタルバガダイ (塔爾巴哈台) 参賛大臣,カシュガル (喀什 噶爾) 参賛大臣,イリ (伊犂) 参賛大臣,ヤルカンド (葉爾羌) 参賛大臣 (道光 11〈1831〉年以後) などがあり,イリ将軍を補佐した。その設置や名称には変化があり,また同治5 (66) 年のイスラム教徒の反乱によって新疆の参賛大臣は赴任しない場合もあった。さらに光緒 10 (84) 年の新疆省設置により,新疆の参賛大臣の多くは廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

参賛大臣の関連キーワードセンゲリンチン(僧格林沁)烏里雅蘇台将軍ホブド那彦成奕山傅恒

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android