コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叉手網 さであみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

叉手網
さであみ

魚をすくいとる最も小型の網漁具。袋状にした網地の口を,木または竹などで三角形に枠をつけたもの。使用法には,水中に網を付設して魚の入るのを待ってすくい上げる方法と,木または竹などの小枝を束に縛ったものを水中に浸しておき,魚群がその部分に集った頃合をみてすくいとる方法の2通りがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さで‐あみ【×叉手網】

2本の竹を交差させて袋状に網を張り、魚をすくいとるもの。さで。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

叉手網【さであみ】

袋状にした網地の口に木や竹,金属棒で三角・円などの枠(わく)を付け,これに柄を付けたもの。水中に敷設して魚が網上にくるのを待ってとるのに用いる。多く浅水に使用されコイ,フナ,ウナギなどを漁獲する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さであみ【叉手網】

すくい網の一。二本の竹を交差させ、これに網を張ったもの。また、竹などで輪をつくり、そこに網を張って柄をつけたものもいう。さで。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報