コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叉手網 さであみ

4件 の用語解説(叉手網の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

叉手網
さであみ

魚をすくいとる最も小型の網漁具。袋状にした網地の口を,木または竹などで三角形に枠をつけたもの。使用法には,水中に網を付設して魚の入るのを待ってすくい上げる方法と,木または竹などの小枝を束に縛ったものを水中に浸しておき,魚群がその部分に集った頃合をみてすくいとる方法の2通りがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さで‐あみ【×叉手網】

2本の竹を交差させて袋状に網を張り、魚をすくいとるもの。さで。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

叉手網【さであみ】

袋状にした網地の口に木や竹,金属棒で三角・円などの枠(わく)を付け,これに柄を付けたもの。水中に敷設して魚が網上にくるのを待ってとるのに用いる。多く浅水に使用されコイ,フナ,ウナギなどを漁獲する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

さであみ【叉手網】

すくい網の一。二本の竹を交差させ、これに網を張ったもの。また、竹などで輪をつくり、そこに網を張って柄をつけたものもいう。さで。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

叉手網の関連キーワード網漁具敷網掬する最小値攩網掬い掬い網刺し網漁底びき網漁業まき網漁業

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

叉手網の関連情報