コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叉手 サシュ

デジタル大辞泉の解説

さ‐しゅ【×叉手】

腕を組むこと。転じて、手出しをしないこと。拱手(きょうしゅ)。
しゃしゅ(叉手)

さ‐す【×手】

さしゅ(叉手)1」に同じ。
「―して首を伸べて」〈太平記・一〇〉

さ‐で【×叉手】

叉手網(さであみ)

しゃ‐しゅ【×叉手】

仏教で、合掌に次ぐ礼法。礼拝のとき、握った右手を左手でおおい、またはその逆をし、胸に当てる。
両手の指と指を組み合わせること。
「―してじっしりと落ち着き」〈洒・里靏風語〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さしゅ【叉手】

両手を組み合わせること。さす。しゃす。 「独り帳然として-低頭する/世路日記 香水
手をこまぬくこと。物事に手を出さないこと。拱手きようしゆ。さす。しゃしゅ。
しゃしゅ(叉手) 」に同じ。

さす【叉手】

さしゅ(叉手) 」に同じ。
扠首さす 」に同じ。

さで【叉手】

叉手網 」に同じ。 「 -さすに衣手濡れぬ/万葉集 1717

しゃしゅ【叉手】

〘仏〙 合掌に次ぐ礼法。左手を親指を内にして握り右手でおおって乳の高さに挙げること。
さしゅ(叉手) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

叉手の関連キーワード些・佐・作・叉・唆・嗟・嵯・左・差・査・沙・瑣・砂・磋・茶・裟・詐・蹉・鎖カワヤツメさで網網漁具掬い網叉手網礼法親指衣手網猟合掌汲鮎拱手

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android