コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友部方升 ともべ まさのり

1件 の用語解説(友部方升の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

友部方升 ともべ-まさのり

1787-1854 江戸時代後期の国学者。
天明7年生まれ。讃岐(さぬき)高松藩士。備中(びっちゅう)(岡山県)の藤井高尚(たかなお)にまなぶ。天保(てんぽう)9年藩の歴史書編修所考信閣の総裁となり,「歴朝要紀」の校訂にあたった。嘉永(かえい)7年10月20日死去。68歳。通称は新八郎。号は鳰舎。著作に「朝日桜廼歌解」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

友部方升の関連キーワード寛政の改革安政寛政改革フェデラリスツ桂川甫粲緑色岩森羅万象新宮凉庭ひん岩教令類纂

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone