双十協定(読み)そうじゅうきょうてい

大辞林 第三版の解説

そうじゅうきょうてい【双十協定】

1945年10月10日に結ばれた中国国民党と共産党との間の協定。二か月におよぶ国共両党の重慶会談によって平和的な統一中国の再建に関し合意したが、のち国共内戦に突入。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の双十協定の言及

【重慶交渉】より

…日本降伏の直後,中国共産党と国民政府が行ったトップ交渉。毛沢東と蔣介石をそれぞれの代表として,1945年8月29日から10月10日まで臨時首都の重慶で行われ,内戦の回避,国共合作による新中国の建設等を互いに認めあった双十協定が結ばれた。蔣介石が中共攻撃の準備を進めつつ,内戦回避の会談を呼びかけたところ,予想に反して毛沢東が受諾,延安から飛来したため,内戦の責任を中共に転嫁しようとしたおもわくははずれ,逆に中共に政治的主導権を与える結果となった。…

【中華民国】より

…全国土がほとんど焼土と化した未曾有の大戦禍をこうむったあとだったから,人々の和平,統一への願望は強烈で,いかなる勢力もそれを無視することはできなかった。くわえて国民党側の主力軍は奥地に配置されているという軍事的制約もあって,戦勝後ただちに国共両党間で和平交渉(重慶交渉)がおこなわれ,平和団結を確認する協定が結ばれた(双十協定)。46年1月には,国共両党に民主同盟などの諸党派を加えた政治協商会議が重慶で開催され,国民大会開催の方針も打ち出された。…

【中国国民党】より

…蔣介石は,45年8月14日以後,3回にわたって毛沢東に打電し,平和交渉をよびかけ,内戦の準備をしつつ,交渉によって共産党との関係を有利に導こうとした。こうして開かれた〈重慶交渉〉とその結果である〈双十協定〉は,内戦を避ける保障にはならなかった。反内戦・反飢餓を訴える学生や都市住民の運動が高まる中で,46年1月,アメリカ大統領の特使マーシャルの調停でさらに〈停戦協定〉が結ばれた。…

※「双十協定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android