平等権(読み)びょうどうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平等権
びょうどうけん

権利,自由の享有や義務の負担について,国政上差別されないという権利。したがって,日本国憲法が保障する法のもとの平等の原則 (14条1項) を,個人の権利として認識した場合のものである。この平等権は,従来一般に,公権力による不平等な取扱いを排除する自由権であるところにその本質があると解されてきているが,結果における平等をきびしく要求する見解に徹した場合には,平等権は社会に事実上存在する不平等の是正を公権力に対して要求する受益権の性格も併有することになり,現在では一般にこのように二元的に理解されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

平等権【びょうどうけん】

(1)国民が法の適用,立法上,人種,信条,性別,家柄,社会的身分等により,すべての面において差別されないこと。近代憲法の大原則であり(憲法14条),人間生来の平等を説く自然法思想等を背景として,市民階級の封建的な身分的差別撤廃の要求を通して確立。→法の下の平等(2)国際法上,国家が平等の権利・義務をもち差別されないこと。国際会議等に小国が大国と平等に参加し,投票することを求める政治的主張として問題となるが,法律上の権利とまではいえないとされている。
→関連項目奥平康弘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びょうどうけん【平等権】

平等権は,国家の基本権の一つとしてあげられるが,その意味は次の三つに整理される。第1は〈法の前の平等〉であって,国の大小,強弱その他にかかわりなく,国際法が平等に適用されることを意味する。第2は〈法における平等〉であって,国家が国際法上同一の権利・義務をもつことを意味する。この意味での平等権は,啓蒙期自然法思想に淵源を持ち,人間が自然状態において平等に取り扱われるべきであるなら,国家も自然状態である国際社会において平等を認められなければならないというように主張される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

びょうどう‐けん ビャウドウ‥【平等権】

〘名〙 すべての国民が法の下で平等に取り扱われるという権利。基本的人権の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の平等権の言及

【法の下の平等】より

…法の前の平等ともいう。これを権利として表現したのが平等権である。平等思想はすでに古代ギリシアにみられ,アリストテレスは正義の理念と結びつけて平等の本質を説いている。…

※「平等権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平等権の関連情報